節電効果もあり様々な用途で使われています

LEDは、日本国内では発光ダイオードと称されています。 電圧を掛けた状況で発光することになる半導体素子の事になります。 節電の考えが上昇し始めた少し前頃からステップバイステップで行き渡り始め、従来からある電球からLEDに替えたり等いまでは当り前のように普通の家庭で導入されるようになっています。 いろいろなカラーの光を表現することができることから、ルームランプ等のインテリア装飾、あるいはイルミネーション等使用目的は広範囲にわたります。

いろいろな利点があります

消費する電力は白熱電球と比べて10分の1くらいで、電気料金がお得になります。 蛍光灯の約4倍くらいの耐久年数があるので、差し換えの回数が少なく、労力が必要ではありません。 電源においてのオンオフのチェンジにも強いことから、化粧室等の照明に最適と言えます。 それに加えて、紫外線をもたらさないので、紫外線が原因の家具等の破損なども不安に思う必要がなくなります。 二酸化炭素を排出する量についても少なめで、水銀等も未使用ですので、環境においても優しいといえます。

LED電球の選択方法

LED電球を購入しに電気店に出向いたものの、種類が多数あり選択するのに困ってしまう人は多いといえます。 選出する場合の着眼点としては、口金の大きさ、さらに明るさそして、光の拡散、あるいは光の色などがあります。 とりわけ求められるのが、光の拡散です。 LED電球は直ぐ下を主として光を出すことにより、リビングもしくはダイニングのような全てを照らすべき所では全方向タイプそして、トイレ等では下方向タイプが丁度いいです。 過去の電球と同一の明るさを選択したのに暗く感じられたというようなケースでは、その場所に合った光の拡散方法の種類か否かチェックすると間違いないでしょう。

LEDライトパネルとは、額縁のようなポスターパネルの内部が光るものです。ポスターを挟んだ時に広告面が光るので夜間でもポスターがよく見えます。