BCPとはどんな意味?

BCPとは災害などが発生した時などに重要な業務が中断しないことや事業活動が万が一中断したとしても目標とする期間内に重要な機能を復旧できるように日頃から事業継続について準備しておくことをいいます。主に災害や事故などの不測の事態に備え事業継続の視点から対応策をまとめたものです。このBCPを導入することによって災害時にすぐに操業率を元の状態に戻すことが出来て更に市場からの信頼を得やすいというようなメリットがあります。

燃料の貯蔵はどうすればいいの?

災害が起きた際一番大切なのは石油などの燃料です。過去に災害が起きた際もこの燃料不足という事態が起きた企業が多いです。そこで日頃から災害用の燃料を確保しておく必要があります。自分の企業に貯蔵が出来るタンクがあるならそこに貯蔵すれば良いのですが、無い場合は業者にタンクを借りて預かってもらうという方法があります。そうすることで災害時の時にも燃料不足にならずにすぐに操業率を災害前の状態に戻すことが出来るのです。

災害時は迅速な対応が大事!

いくら備えていても災害が起きた際にすぐに対応することが出来なく遅れてしまえばBCP対策を行った意味が無かったということになってしまいます。そこで日頃から迅速な対応が出来るように避難訓練や対応の練習も行っておくことが非常に大切です。そうすることでBCP対策は成功してすぐに重要な業務を再開することが出来ます。このように資源の対策だけではなく迅速な対応が出来るように備えておくというのも非常に大切な事です。

BCP対策とは、自然災害やテロなどの緊急事態によって引き起こされる損害を最小限に抑えるために予め決めておく計画のことです。